Samantha's Diary

あちこちいって、いろんなことがしてみたい!Samanthaの日記

番外編 コンラッドマカオ潜入

二日目の夕方、香港からフェリーに乗ってコタイ地区の港に到着しました。
 
そこからコンラッド行きの免費巴子*に乗り、10分ほどでホテル前に到着。(*免費=無料、巴子=バス。香港で覚えた漢字。)
 
ドアマンの案内で中へ入ると早速、ポーターが「チェックインでしょうか?」と。
 
「あ、はい。あの、、私、、ゴールド会員なんです(クレジットカードを作ってゴールドになったずるっこ会員ですけど)。」
 
ドキドキしながらそう告げると、荷物は係が運ぶからどうぞと中へ連れて行ってくれました。
 
コンラッド潜入成功!
 
f:id:Samantha_TOKYO:20160423091928j:image
 
ご、豪華すぎるロビー!
 
ドンドン奥へと進み、39階にあるラウンジ横のデスクに案内されました。チェックインは感じの良い女性が担当してくれて、とーっても丁寧に施設説明をしてくれました。
 
「お荷物は直接お部屋に運びますので、よろしければ、このまま隣のラウンジでくつろいでいかれてはいかがでしょうか?」って、なんて素敵なオファー♪
 
はーい、そうしまーす!\(^o^)/
ついにラウンジにも潜入成功!!
 
これが念願だったラウンジですよ、奥さん!!
 
f:id:Samantha_TOKYO:20160423100541j:image
 
カクテルタイムが始まったばかりで、先客一組のみでラウンジが空いてました。
 
充分な種類のおつまみとお酒が並んでいます。ハモンイベリコと思しき物体もあります。スパークリングワインを注がれるがまま、ぐびぐびいただきます。
 
ほんとはこの後、ポルトガル料理を食べに行くつもりだったけど、豪華なカクテルとおつまみで、完全に「いっちょあがり」状態。
 
ご飯はパスして、まずはお部屋へ向かいます。
 
f:id:Samantha_TOKYO:20160423101150j:image
 
ふかふかカーペットの廊下を進むと、、
 
f:id:Samantha_TOKYO:20160423101243j:image
 
2020、本日のお部屋に到着。
 
お部屋の中は、、、、
 
f:id:Samantha_TOKYO:20160421232636j:image
f:id:Samantha_TOKYO:20160423101044j:image
f:id:Samantha_TOKYO:20160423101131j:image
 
いやーん、素敵すぎる!3人揃って大興奮!
 
f:id:Samantha_TOKYO:20160423121943j:image
 
お部屋の中や窓の景色の写真を撮ったり、一人一つプレゼントされるクマのぬいぐるみとパパブブレの飴、ダイス入りのコンラッドダックをじゃんけんで選んでみたり。
 
f:id:Samantha_TOKYO:20160423104119j:image
 

豪華なソファに座って記念撮影を開始。


最初はモデル風に格好つけて写真を撮ってたのに、じきにいやらしめなグラビアポーズとかまでし始めて、ゲラッゲラバカ笑いして撮影。
 
この2人と出会えてX周年、それぞれそれなりのポジションについて仕事してるけど、3人揃うといつまでもこうしてバカなことをして笑える最高の友達。X周年の忘れられない記念になりました(グラビア撮影会が!)。
 
ひとしきり笑ったら、夜の街へ繰り出しました。
 
コンラッドのすぐ下にある「ヒマラヤ」をチラ見。思ったより狭い。あんまり感動もなく、本命ベネチアンへ移動。
 
移動途中、外のテラスに出たら、こんな景色。
 
f:id:Samantha_TOKYO:20160423105237j:image
 
すごーい!ディズニーランドみたーい!?
 
右手から、シェラトン、コンラッド、セントレジス、ハードロック、(隠れてますがこの奥にグランドハイアット、)シティオブドリームス、クラウン、フォーシーズンズ、塔から左手のすべてがベネチアン。とても煌びやかです。
 
ベネチアンの正面からはいります。
 
 
f:id:Samantha_TOKYO:20160421232743j:image
 
わぉー!ベネチアンの内部はギラッギラ!
適当に遊ばせてもらってホテルに帰りました。
 
お部屋に帰ったらシャワーとバスタブと順番にお風呂を浴びて就寝。はしゃぎすぎたのと、ふかふかのベッドですぐ寝て二日目終了。明日はもう帰国です。。

Sponsored Link