Samantha's Diary

あちこちいって、いろんなことがしてみたい!Samanthaの日記

旅行記 弾丸マカオ旅 ギャラクシー編

 

羽田を離陸してから9時間半、香港を経由して、ようやく目的地のマカオ、フェリーターミナルに到着。ここまで長がった〜!

 

なんでマカオ直行の飛行機に乗らなかったの?って?

 

有休を使わずに、週末だけの弾丸マカオツアーを実現しようとすると、マカオ直行便では滞在時間が短すぎるのです。

 

現行のダイヤで、マカオ航空の直行便を利用した場合は、成田発で土曜の20:00にマカオ着、日曜朝9:30発の成田行きに乗らなければならず、12時間程度しか滞在できないのです。

 

対して、今回あたしが実行した旅程、金曜日に仕事を終えてから、夜中に羽田から香港エクスプレスを利用して、香港からフェリーで往復する場合、マカオに約26時間滞在できます。

 

忘れ物を取りに来たついでに、それなりに遊んで帰りたくて、今回、香港エクスプレスを選んだという訳です。

 

(後からキャセイパシフィックとANAの香港行きの時刻も調べましたが、本日現在だと、この4航空会社の中なら、週末弾丸マカオ旅行向きなのは、香港エクスプレスですね!弾丸香港旅行の場合でも同じですね。)
 

ーーーーー

 

さて、前置きが長くなりました。

 

マカオ、タイパ島のフェリーターミナルに到着後、ギャラクシーマカオ行きの無料バスに乗りました。

 

 f:id:Samantha_TOKYO:20160911132442j:image

 

ギャラクシー正面と思われる玄関に到着!

(敷地が広大かつ建物が多くてどれがメインかとか、よくわかりません。)

 

f:id:Samantha_TOKYO:20160911123459j:image

 

こっちにも別の玄関。

前回、コンラッド周辺のサンズコタイとヴェネチアンは見ましたが、ギャラクシーの金ピカ派手派手具合もなかなかすごい!

 

f:id:Samantha_TOKYO:20160911092928j:image

 

ロビーすぐの噴水。

わぉ!全体的にあんまりお品がなくて、派手なもん勝ち!って装飾です。笑

  

f:id:Samantha_TOKYO:20160911123516j:image

 

かなり巨大なおサルの像。か、かわいぃ?!

 

ここギャラクシーでの目的は、足裏マッサージとマンゴーパンケーキ、おとなりのブロードウェイでのランチです。

 

タイパ島のホテルの周辺は、カジノとホテルが立ち並び、それに併設されたショッピングモールがあるだけで、歩いて行ける距離に、街のマッサージ屋さんや街のレストランなどはなく、基本、各ホテルの敷地内にある施設で過ごすことになります。

 

f:id:Samantha_TOKYO:20160911123629j:image

 

マクドナルドも入っていたり。

 

マッサージをタイパ島内で調べてみたら、大半はホテルのお高いスパばかりでしたが、ギャラクシーの中に唯一、お安めのマッサージ店があるのを発見したのです。

 

他の方のブログで24時間営業と確認していたので、ギャラクシーに着いたら早々、LCCでだるくなった足をほぐしてもらおうと、お店に向かいます。チェックインまでのいい時間の過ごし方だわ〜!と我ながらうっとり!

 

ギャラクシー、ひろっ!!!

 

f:id:Samantha_TOKYO:20160911093256j:image

 

(↑ロビーに飾られたギャラクシーの全貌模型)

 

デジタルの案内板もところどころにありますが、イマイチ情報が間違ってたりして、なかなかマッサージ屋さんにたどり着けません。。

 

あたし、体内にGPSが埋め込んであるんじゃないかってほど、方角や地図を見ることには長けてるつもりなのですが、ギャラクシーは舐めたらあかん!

 

重い荷物を持ったまま、10分くらいウロウロして、ようやく発見!!

 

よーし、もんでもらいましょー!!!

 

 

え???

 

 

お店が閉まってます。。ひゃー!やっちゃった!

24時間営業ではなくなっていて、午後2時から午前2時までの営業とのこと。友達のU子もマッサージを楽しみにしていたので、2人で途方にくれました。調べがあまかった!ごめんね、、、

 

この後どうするか、マップを見ながら考え、マッサージは、コンラッドで受けるか、またギャラクシーに戻って受けることにして、とりあえず、ご飯を食べることにしました。

 

お目当てのレストラン候補は2箇所。

 

前回の香港修行で食べた「添好運點心專門店」、もしくは上海の有名な小籠包のお店「南翔饅頭店」。どちらもギャラクシーのお隣のブロードウェイに入っています。

 

前回、添好運へ行った際、日本のお醤油があれば、もっともっと美味しいのにー!と本場の味を無視した邪道な考えを抱いたので、今回お醤油を日本から持って参りました。ふふふ、準備万端!

 

ギャラクシーからブロードウェイへ行く途中、今日宿泊するコンラッドに行く無料バス乗り場の位置を確認し、最寄りのクロークに重たい荷物を預けて、身軽になってご飯に向かいます。

 

ブロードウェイもこれまた遠い!!

 

ショッピングモールを10分ほど歩いてブロードウェイに着いたのはいいのですが、レストランエリアが見当たりません。館内を10分ほどウロウロして、ようやく見つけました。

 

さて!飲茶か、小籠包、どっちにしよっか?

 

数少ない外食の機会。なかなか決められないかも?なんならハシゴする?とか事前に考えていましたが、案外あっさりお店が決まりました。

 

日本から持ってきたお醤油を、クロークに預けて来ちゃったから。ひゃー!またやっちゃった!!

 

お醤油のいらない小籠包屋「南翔饅頭店」さんに決定!^^;

 

 f:id:Samantha_TOKYO:20160911123137j:image

 

メニューはこれと別に英語表記のもありました!

 

f:id:Samantha_TOKYO:20160911124900j:image

豚肉の小籠包と蟹肉の小籠包を一皿ずつ

スープじゅわ!めっちゃめちゃ美味しい!

 

f:id:Samantha_TOKYO:20160911124943j:image

酸辣湯

これはね、、あたしが頼んだくせにあたしは食べられなかった。昆布の個性的なお味が鼻につくんです。 U子は食べてました。

 

f:id:Samantha_TOKYO:20160911125029j:image

生煎包(焼いた小さな肉まん)

限定品らしいのですが、これもおいしかったー!

 

f:id:Samantha_TOKYO:20160911125051j:image

 

大満足で、お会計へ。

 

香港のお店でもみかけましたが、提供済みのものには、爪で印をつけるのがポピュラーなようです。感熱紙ならではですけど、合理的。

 

続いて、ギャラクシーにもどり向かったのは、、

 

f:id:Samantha_TOKYO:20160911125749j:image

 

満記甜品!

前回の香港で食べて忘れられないお味のお店。英語名はマンゴーパンケーキ。ほんとはクレープですけどね。

 

f:id:Samantha_TOKYO:20160911130019j:image

 

甘いものはそんなに興味はないですが、これは別腹!マンゴーの酸味が強めで、まだ熟し切れてなかったもののようでしたが、あたしにはちょうど良い甘さでした!

 

さて、荷物をピックアップしたら、いよいよコンラッドへ向かう時間です。(建物内で迷子になった時間が多くて、マッサージを受けていないのに、予定していたチェックインの時間になりました。。)

 

 f:id:Samantha_TOKYO:20160911132300j:image

 

ギャラクシーの無料バス乗り場。実際は写真の倍の大きさ。ちょっとした地方のバスターミナルのようです。ギャラクシー、儲かってんだなぁ。。

 

いざ!コンラッドに向けてしゅっぱ〜つ!( ´ ▽ ` )ノ

Sponsored Link