Samantha's Diary

あちこちいって、いろんなことがしてみたい!Samanthaの日記

旅行記 W sentosa 宿泊

 f:id:Samantha_TOKYO:20161004072905j:image

 

繁華街のオーチャードでランチとお買い物を終えたら、タクシーで本日のお宿、セントーサ島の「W」へ向かいます。

 

「W」というホテルは日本国内にはないのですが、ウェスティンと同じスターウッド系のブティックホテルです。

 

世間知らずで不勉強なあたしは、同期修行僧のhetareflyerさんが台北のWに泊まられたブログを拝見した際に、へぇ、Wなんておしゃれなホテルが世界中にあるんだねー!と初めて知りました。

 

↓こちらがそのhetareflyer さんのブログ

W taipei 滞在記 - ポルコの備忘録

 

今回、シンガポールでホテルを選ぶ際、プールを目的のひとつにしていたので、広いプールがあるセントーサ島のWを発見した時、あ!あのWだ!と、即決しました。

 

気が向いた時にちゃぷん!と水浴びができる気軽さを求めて、お部屋にもごく小さなプールがついた「アウェイルーム」というお部屋を予約しました。

 

 ↓こちら

Starwood Hotels & Resorts

 

 

さてさて、話を戻して、、

オーチャードから乗ったタクシーが、橋を越えてセントーサ島へ。

 

f:id:Samantha_TOKYO:20161002202923j:image

 

セントーサ島は、2010年頃から新しく作られたばかりのリゾート地で、ユニバーサルスタジオ、カジノ、水族館、ホテル等の施設と、お金持ちの方向けの住宅が並ぶ島。

 

 f:id:Samantha_TOKYO:20161002202955j:image

タクシーから見える景色は、確かにお金持ちそうなお家ばかり。

 

途中、高速道路の料金所のようなゲートで止められ、係の方に「Wに泊まります」と伝えてゲートを開けてもらい、奥へと進みます。宿泊客以外は、通行料を支払わないと行けないエリアに入ったのです。

 

そこから数分で到着しました!ワクワク!

 

f:id:Samantha_TOKYO:20161002221047j:image

入って正面に階段

 

f:id:Samantha_TOKYO:20161002220950j:image

横に透明なロビー行きのエレベーター

 

f:id:Samantha_TOKYO:20161002203347j:image

 エレベーターのベンチ

おぉ、、おしゃれ!期待が高まります!

 

 

f:id:Samantha_TOKYO:20161002212015j:image

ロビー到着!

 

ロビーには、このソファセットが4つくらい、十分なスペースがとられています。

 

f:id:Samantha_TOKYO:20161002203437j:image

レセプションは、一列横並びのカウンターではなく、こういうブースが4箇所。

 

 f:id:Samantha_TOKYO:20161002221140j:image

そのほかロビーには、鳥かごを模したエクスプレスチェックアウトがあったり、

 

f:id:Samantha_TOKYO:20161002221201j:image

 結構大きいワンコの像があったり、、

 

f:id:Samantha_TOKYO:20161004041006j:image

お水だけでなく、コーヒーにTWGの紅茶もご自由にどうぞ〜!

 

f:id:Samantha_TOKYO:20161003214302j:image

かわいいラタンチェアが並んでいたり、、

 

f:id:Samantha_TOKYO:20161002222930j:image
ガラス越し、金色のキャンディのオブジェの向こうに憧れのプール!!

 

い、い、いいのでしょうか??

あたしたちのようなダサい人間が、こんなとこに訪れても。。と心配になるくらい、あっちもこっちもすてき!すてきすぎる!

 

ウッキウキで名前を告げてチェックインをお願いしたら、カウンター内がなんだかバタバタしています。

 

「恐れ入りますが、あちらのソファでおかけになってお待ちください」って。

 

んんん???

 

ソファで待っていたら、係の方がやってきて謝罪から入ります。

 

「お待ちいただき申し訳ありません。実はご予約いただいているお部屋の清掃が終わっておらず、1時間ほどお待ちいただくことになります。それでは申し訳ないので、よろしければ別のアップグレードのお部屋をご用意するのでご変更いただけませんか?」と。

 

「プールのあるお部屋ならいいですよ!」と伝えると、そのお部屋にプールはついてないそうで。。

 

えーーーー!!!


何度も何度もWeb情報を確認してお部屋を決めたのに、お部屋にプールないのぉ??


ニックは「あんな風呂みたいなちっこいプール要らないじゃん」って言うし、待つのも嫌なので応じることにしました。

 

f:id:Samantha_TOKYO:20161002220709j:image

係の方に案内されて3階の廊下の突き当たり

 

f:id:Samantha_TOKYO:20161002220413j:image

351号室に到着、ドアオープン!

 
さんざんホテルの公式Webを見ていたので、ドアをあけた瞬間、どのカテゴリーのお部屋か、わかりました!

 

 f:id:Samantha_TOKYO:20161003214442j:image

 

んもう!!お風呂プールがなくても、ここで十二分でございます!!

  

お掃除の係の方かどなたかが、うっかりしてくれたおかげで、広くて素敵なお部屋にアサインされました。ありがとう、うっかりさん!

 

お部屋の内部は次回ご覧いただくとして、ホテル内部をあちこち撮影したので、先にそちらをご覧ください!

 

f:id:Samantha_TOKYO:20161003214513j:image 

こちら、エレベーターの内装

革のパッチワークで描かれています。

 

f:id:Samantha_TOKYO:20161003214733j:image

エレベーターホールにハンギングチェア

 

f:id:Samantha_TOKYO:20161003214603j:image

ホテル内のスパの入り口

 

f:id:Samantha_TOKYO:20161004041920j:image

別の角度から。丸っこくてかわいいソファ^ ^

 

f:id:Samantha_TOKYO:20161003214629j:image

こちらはジムの入り口。ジム内部の照明も凝ってます。

 

f:id:Samantha_TOKYO:20161003214913j:image

エレベーターホールから外を眺めると、向こうにWのレジデンス棟がならんでいます。

 

f:id:Samantha_TOKYO:20161003215017j:image

ロビーからレストランへ向かう途中

 

f:id:Samantha_TOKYO:20161004040156j:image

テレビが埋め込まれたテーブル

 

f:id:Samantha_TOKYO:20161004040618j:image

サイドテーブルにはかわいい陶器のライト

これほしい!^ ^

 

f:id:Samantha_TOKYO:20161004040333j:image

レセプションとは別の角度からのお庭

 

f:id:Samantha_TOKYO:20161003215107j:image

こんなスペースがあったり

 

f:id:Samantha_TOKYO:20161003215207j:image

この椅子がお気に入りになりました!

 

f:id:Samantha_TOKYO:20161004042352j:image

早朝、まだオープンしていないステーキレストランの客席をシャンデリア越しに上から覗いています。

 

 f:id:Samantha_TOKYO:20161004042617j:image

 夜、ロビー階のバルコニー

 

f:id:Samantha_TOKYO:20161004072739j:image

夜のエントランス前のロータリー

 

 f:id:Samantha_TOKYO:20161004072717j:image

Wの文字が刻々色を変えます。

 

、、、と、もう、どこを歩いても、こだわりが感じられる素敵な場所です!

 

カップルで訪れることをお勧めしたい!そんなホテルです。

Sponsored Link