読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Samantha's Diary

あちこちいって、いろんなことがしてみたい!Samanthaの日記

【おしらせ】Twitterについて

 

いつも「サマンサの日記」を、お読みくださっているみなさま、ありがとうございます。

 

あたくしの日記なんて読んだところで、マイルが貯まる情報はないし、修行に役立つ情報もないし、「すごーい!」「おいしーい!」とかアホ丸出しの駄文ばっかり。

 

なのに読者になってくださり、駄文を忍耐強く読み続けてくださり、さらにはスターやコメントまでくださる貴重な読者の方々がいてくださることが更新の励みになり、ここまで続けてこられています。

 

みなさま、ありがとうございます。

 

実はわたくし、今年の春、陸マイル活動に目覚めまして、会社の人にも「マイル貯めようよー!」と声をかけて、陸マイルの神さまのサイトを会社の皆にオススメしまくったのであります。

 

そこで、はたと気づきました。

 

今年は修行で会社をたくさん休むことになるので、会社の人には正直に修行することを告げてありました。んでもって、時折、旅先の写真なんかも自慢げに見せてしまっていたので、いつか、会社の人が、神さまのブログから、あたしのブログにたどり着いて、本人バレして、Twitterにたどり着くのも時間の問題かも。。

 

これはあたしにとって大問題!

 

ま、ブログはいいけど、Twitterは会社の人に知られたくないのです。。慌ててTwitterに鍵をかけました。

 

その時点で、Twitterの繋がりも見直しまして、それまであまり会話をしていなかったフォロワーさんは外させていただきました。

 

慌てて鍵をかけた後も、フォローリクエストをくださる方がいらっしゃいましたが、どんな方かわからないままにお応えすると、鍵をかける前と同じ状況になって鍵の意味がないですし、、、

 

でも趣味が同じ人とは繋がりたい!

 

どうするのが良いか答えが出ず、どなたからのフォローリクエストにもお応えしないで、モヤモヤしたまま、アンタッチャブルにしていました。

 

 

しかし最近、偶然にも駄文ブログをいつもお読みくださる読者の方からTwitterのDMやブログのコメント欄で、あたしのTwitterアカウントについてコメントをいただく機会が続きまして、アンタッチャブルにしてきたTwitterの繋がりをどうするべきか、ちゃんと考えてみようと思い直しました。

 

どうすれば、楽しくTwitterができるかな?

 

そもそもは、あたしのブログを読んで下さっていて、あたしと同じように修行をしている方と、直接情報交換ができたら楽しいかも!そんな思いではじめたのがTwitterです。

 

ん?あ!なんだ!答えが出ました!

 

Twitterをはじめた時のコンセプトを貫き通せばいいんだ!、、、ということで、今回、ここにこのような記事をあげることにしました。

 

同じ趣味とは、、
●航空会社の上級会員修行(済、中、予定)
●飛行機、旅関連のブログを積極的に執筆中
●Twitterで飛行機、旅関連の情報交換実施中

 

駄文ブログの読者登録してくださっている方で、あたしと同じ趣味をお持ちの方で、Twitterでサマンサのアホツイートのフォローをご希望の方がいらっしゃいましたら、リクエストをお送りくださいませ!^ ^

 

他の修行同期の方々とすでにTwitterで繋がっていらっしゃる方ならば、安心してリクエストにお応えできます。

 

なお、過去にリクエストいただいていた方、お手数をおかけし申し訳ございませんが、再度リクエストをお送りください、どうぞよろしくお願いいたします。

 

また、ブログアカウント名とTwitterアカウント名やアイコンが一致していないと、リクエストにお応えできないことがあります。お手数ですが、その場合に限りDMにてご一報ください。

  

ーーーーーーーーーーーー

 

とかってね、、、

なにこの上からの、高飛車な感じのブログ。笑

よくこれをあげたもんだな、あたし。。と自分でも思います。

 

でもですね、、ごくごく稀に例外はありますが、基本的にあたし、自分から積極的にどなたかのブログの読者になったり、Twitterで自分からフォローのリクエストをしたりは、これまでもしてきていません。

 

ご希望があれば反応するという、奥手なコミュニケーションの取り方なだけですから、どうぞお許しくださいませ。

 

おかげさまで、数ヶ月ずーっとモヤモヤしていたことが、ようやくこれで解決するので、よかったです!^ ^

 

11/26追記、、、この投稿、当初は3日で消す予定でおりましたが、新たにツイッターのフォローリクエストをいただく方に、あたしのツイッター利用ポリシーを知っていただきたく、再掲しました。(申し訳ありませんが、当時いただいたコメントは消去させていたただきました。)

Sponsored Link