読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Samantha's Diary

あちこちいって、いろんなことがしてみたい!Samanthaの日記

ソウル飯② 明洞コンジハウスのアワビ粥

 

ソウル2日目の朝、はりきって早起き!

 

2日目の朝食、同行の会社の同僚ミランダのチョイスは、明洞でお粥だそう。^ ^

 

・・・と、その前に、せっかくミレニアムソウルヒルトンのエグゼクティブフロアに宿泊しているので、一応、無料でいただける朝食レストランを偵察してから出かけることにしました。

 

 

レストランの入り口で部屋番号と名前を告げて、席へ通してもらいました。

 

f:id:Samantha_TOKYO:20170320161020j:image

 

めーっちゃ充実した朝食を横目に、美味しくお粥を食べるため、トマトジュースとヨーグルトとコーヒーだけでガマン。。ミランダも「チャプチェ食べたい!」といいながらガマンしました。(充実の朝食ラインナップは後日ご紹介予定です。)

 

さて、ホテルから明洞まで歩いて向かいます。

 

f:id:Samantha_TOKYO:20170320161217j:image

 

日差しポカポカ!遠くにNソウルタワー。 

 

あれ?いつの間に南山タワーからNソウルタワーに名前に変わったの?って調べたら2005年からだそう。。

 

この日のソウルは、気温は低めですが、風がなくて日差しがあったので、三月上旬でもあまり寒さは感じません。

 

f:id:Samantha_TOKYO:20170320161503j:image

途中、金色の観音様?のお姿をビルの上に見かけました。ちとコワイ。。笑

 

f:id:Samantha_TOKYO:20170320161619j:image

明洞までの道すがら、人だかりを見かけました。ん〜溶けたチーズのいい匂い〜♪なんだろう??近づいてみたら、、、

 

f:id:Samantha_TOKYO:20170322085150j:image

 

ホットサンドっぽい、ハンバーグやチーズなどをトーストで挟んだものの売店でした。

 

みなさん買ったらその場でパクリとされてました。へえ、、ローカルに人気の朝食のようです!

 

さて、お粥、お粥!

明洞の街中に入ってお店を見つけました!

 

f:id:Samantha_TOKYO:20170320161929j:image

 

このビルの三階にあります!

 

f:id:Samantha_TOKYO:20170320162010j:image

 

コンジハウス2号店。

本店は乙支路入口駅のあたりにあるお粥で人気のお店だそうです。

 

f:id:Samantha_TOKYO:20170320162046j:image

メニューを広げます。

 

アワビと肝のお粥より、アワビのお粥のほうが美味しいんだって!とのネット情報から、二人とも同じアワビ粥をオーダー。

 

お客さんは日本人ばかりなのかと思ったら、地元の奥様たちと思われる方々も何グループか来ていて、ひっきりなしにお客さんがくる人気店。

 

コーン茶を飲んで待ちます。

 

お粥より先に、トレイにのったキムチやらの各種お漬物と海苔が来ました。ここで初めて水キムチというものを口にしました。

 

乳酸菌が身体にいいそうですが、なんとも不思議なお味はあたしの口には合いませんでした。。
 

お粥!きたきたきたー!!

 

f:id:Samantha_TOKYO:20170320162121j:image

こちらが特アワビ粥(15,000ウォン)です。

 

アワビのスライスがお粥の表面に敷き詰められた一品。

 

いただきます!^ ^

 

お味がやさしい♪♪

 

 

んーっ、やさしすぎる!!笑

 

卓上のお塩を足して足して、ミランダに「かけすぎ!」と指摘されるほど足して食べたら、美味しくなりました!(お塩を振る動作と音の割には、お塩が出なかったんだよ。笑)

 

さすがお粥、あっという間に食べ終わっちゃいました!

 

んーとね、、アワビ自体に味が付いていないので、味より食感を楽しむ感じ。アワビの味を楽しむには、肝入りのほうを頼む方がいいのかも??

 

ソウルへ来ると、辛くて油っぽい食事に偏りがちなので、胃腸を休めるためにも、朝食やランチに、こちらのお店でお粥を選択するのは、大いにありだと思います!

 

メニューは、海鮮粥、プルコギ粥など、他のお味も充実しているので、特別アワビにこだわらず、お好きな食材のお粥を召し上がることをオススメします!

 

 

▼コンジハウス二号店

Congee House|明洞(ソウル)のグルメ・レストラン|韓国旅行「コネスト」

 

Sponsored Link