Samantha's Diary

あちこちいって、いろんなことがしてみたい!Samanthaの日記

旅行記 ネルトリンゲン〜シュタイフ博物館のアウトレット

 

レンタカーで巡るドイツ旅、2日目。

 

午前の早い時間に絵本のような街「ローテンブルク」を後にして、目指したのは「ネルトリンゲン」。

あたくし、昨年までこの街の存在を知りませんでした。ドイツ行きを決意させてくれた、ためたろうさんのブログ「マイルミチ」でネルトリンゲンの旅行記を読んだ時から、絶対行きたい場所になりました。

 

▼きっかけとなった、ためたろうさんのブログ

www.mairu-michi.com

 

「1500万年前に隕石が落下してできた盆地に形成された街」って、すごくないですか?街の中心にある教会の塔の上から、その様が眺められるんですって!

 

ローテンブルクから80キロ、1時間ほど車を走らせました。

 

 

f:id:Samantha_TOKYO:20170930234901j:image

到着しましたっ!!

 

Googleマップに従い、教会までやって来たものの、一方通行の道で、周辺には駐車場がみあたらず、少し離れた駐車場に車を停めました。

 

f:id:Samantha_TOKYO:20170930234926j:image

駐車場の精算機はドイツ語で書かれていましたが、仕組みを理解しているので大丈夫!海外ではお馴染みの、先に設定された駐車料金を支払って、レシートをダッシュボードの見える位置に置いておく式。

 

f:id:Samantha_TOKYO:20170930234944j:image

これでOK!

 

f:id:Samantha_TOKYO:20170930235024j:image

5分ほど歩いて戻って、聖ゲオルク教会に到着!

 

f:id:Samantha_TOKYO:20170930235058j:image

塔にはどこから登るのかな?!とりあえず、教会のドアを開けて中へ。

 

f:id:Samantha_TOKYO:20170930235119j:image

おぉぉおお!

 全体の色彩は単調ながら、天井の高さとゴシックの美しさに見惚れました。

 

f:id:Samantha_TOKYO:20170930235203j:image

後方には、パイプオルガンに、キリストと天使の像。

 

静かに静かに一通り聖堂内部を拝見した後、後方の売店で女性に塔への入り口を伺ったところ、中からではなく、外に階段入り口があるとのこと。

 

外へ回ると、ありましたありました!

f:id:Samantha_TOKYO:20170930235310j:image

ダニエル入り口、塔の名前です。

 

ふるーい石の螺旋階段を、とにかくぐるぐるぐるぐると上がっていきます。

 

途中、清掃のお兄さんとすれ違いました。何やら楽しそうにずっと一人喋りをなさっている方で、ここで初めてドイツ語がわからないことを悔しく感じました!笑

 

どんどん登って行って、そろそろゴールというところに小部屋があって、係のおじさまに入場料3.5ユーロをお支払い。もう一息!!

 

f:id:Samantha_TOKYO:20171001005533j:image

修繕中の木の階段を息切れしながら、、

 

f:id:Samantha_TOKYO:20171001001018j:image

鐘を横目に、、

 

なんとかかんとか90mの塔の展望台へ上がり、待望の景色を目にすることができました!!

  

f:id:Samantha_TOKYO:20171001000913j:image

おおぉ!あいにくサマンサ得意の傘のいらない小雨&曇り空ですが、すごい景色です!!!

 

f:id:Samantha_TOKYO:20170930235627j:plain

手前の長い屋根は、先ほどいた聖堂の部分です。

 

せっかくがんばって登ったので、塔からの街の様子一周分、動画を撮ってきました。隕石の落ちた跡、まあるく市壁に囲われた街の様子がご覧いただけると思います♪

 

▼2017GW ネルトリンゲンの街


201704 ネルトリンゲン

 

行きが辛けりゃ帰りも辛い。

f:id:Samantha_TOKYO:20171001005716j:image

ぐるぐる目を回しながら降りました!

f:id:Samantha_TOKYO:20171001010033j:image

肌寒かったこの日でしたが、塔を降りたあとは暑くて上着を脱ぐほどに、いい運動にもなりました!

 

 

さて、ネルトリンゲンの街並みを堪能したあとは、次の目的地、テディベアの代名詞ともいうべき、シュタイフ社の博物館があるギーンゲンへ向かいます。

 

 

40キロ40分ほどで到着! 

 

f:id:Samantha_TOKYO:20171001001208j:image 

駐車場に入ると、さっそくかわいいクマと女の子の旗が目に入って、わくわくです♪♪

 

ここは、シュタイフ社の工場の脇に博物館とアウトレットがあって、クマのぬいぐるみ好きの聖地ともいうべき場所です!

 

f:id:Samantha_TOKYO:20171001001239j:image

こちらの建物が博物館。

 

f:id:Samantha_TOKYO:20171001001258j:image

わくわくしながら中へ入ります。

  

博物館へ来たというのに、時間の都合で博物館へは参りませんw

 

クマのぬいぐるみが好きなあたしですが、シュタイフのはお高すぎて一体も持っていないので、ドイツ旅行のこの機に、博物館に併設のアウトレットでお値打ちに購入できればいいなぁ♪♪と思って、旅程に組み込んだのです。

 

というわけで、まずは博物館に併設のショップへGO!!

 

f:id:Samantha_TOKYO:20171001001441j:image

まぁ、なんともかわいいぬいぐるみのオンパレード。そしてお値段は、、かわいくないw

 

f:id:Samantha_TOKYO:20171001001459j:image

まず惹かれたのは、このまるまった小鹿。

手のひらサイズのこの子で49.9ユーロ!現地でもシュタイフはやはりいいお値段です。あと、クマが欲しくてここへ来たのに、小鹿はあかんやろ!そう言い聞かせてそっと棚に戻しました。

 

小さい小さいサイズで、一体、顔が好みの手軽なお値段のクマのマスコットに出会えました!でもまだ目的のアウトレットをチェックしていないので、博物館の建物をぬけてアウトレットの建物へ。

 

駐車場から入ったので気づきませんでしたが、駐車場と反対側、アウトレットがある方が、正面入り口だったようです。

f:id:Samantha_TOKYO:20171001001639j:image 

シュタイフの設立のきっかけとなったゾウと、代名詞のテディベアの看板がありました♪

 

  f:id:Samantha_TOKYO:20171001002405j:image

すぐ脇には工場。世界中の子どもたちの「一生のお友だち」が作られている場所ですね!

 

f:id:Samantha_TOKYO:20171001001748j:image

さて、本命のアウトレット♪

 

中へ入ると、こちらにもかわいいぬいぐるみがたくさんいました。アウトレットというだけあって、季節や時期限定のもので過ぎてしまったもの、数が半端なものが並んでいました。

 

ぐるぐる見回りましたが、うーむ、さっきめぼしをつけた子に勝る好みの子には出会えませんでした。

 

んじゃ、さっきのこぶりな子を連れて帰ろう!

 

f:id:Samantha_TOKYO:20171001002516j:image

うふふふふふ♪ 

14.9ユーロとお値段もかわいい、小さな小さな子ですが、ちゃんとシュタイフの証「ボタン・イン・イヤー」のタグが耳に付いた子、一生のお友だちです♪♪

 

 f:id:Samantha_TOKYO:20171001010447j:image

お会計を済ませると、すぐ横に博物館の入り口が。。

(顔出しパネルになっていて、この後、同行の親友U子が嬉しそうに顔をはめておりました。)

 

うーん、やっぱりせっかくだから博物館をみておきたいなぁ・・・と思い始めます。でもここで事前に練った計画を崩すと、この日の後のプランが全部だめになっちゃうので、後ろ髪をひかれつつ、博物館を後にしました。

 

さて!次の目的地は「ミュンヘン」です。

ミュンヘンでは、大好きなものをたくさん見ましたよぉ!それはまた次回、お付き合いください・・・^^

 

 

Sponsored Link