Samantha's Diary

あちこちいって、いろんなことがしてみたい!Samanthaの日記

旅行記 絢爛豪華!ミュンヘン・レジデンツ

レンタカーで巡るドイツ旅、3日目午前。


早朝からレンタカーでアリアンツ・アレーナの外観を見たあと、旧市街に入りました。


おぉお、凱旋門が見えてきました!バイエルン解放戦争に勝った記念で建設された門なのだそう。




4頭のライオンに引かれるクアドリガ(戦車)が上部に飾られています。


古い建物が立ち並ぶ広い道路を、車で走るのは初めてだったので、とても不思議な感覚で運転しました。

左手に州立図書館、右手に裁判所を見ながら、ルートヴィヒ通りを進んで、ミュンヘン・レジデンツへ向かいます。



Googleマップのナビが駐車場として示す、博物館入口(写真正面)とオペラハウス(写真右手)のあるマックスヨーゼフ広場に到着!


ここで、一瞬困りました。Googleマップは、この広場に入るよう指示を出すのですが、その時間、他に車が見当たらず、ホントにこんなところに車で入っていっていいの?!というような広場です。


恐る恐るナビに従って広場の道を入っていくと、博物館の前を通り抜けたところに、確かに地下駐車場のサインがありました。。ホッ!^^;


ちょいと狭めの地下駐車場に車をとめて、場所を忘れないよう番号を撮影して、地上に上がります。




さきほど車で入るのを躊躇した広場の真ん中には、初代バイエルン王のマクシミリアン1世(マックスヨーゼフ)の大きな像がありました。


さて、広場から博物館へ入ります。

ここ、ミュンヘン・レジデンツは同行の親友U子のリクエストで旅程に組み込んだ場所です。「そうなの?U子が行きたいならいいよ!」くらいに思っていて、下調べはそこそこで参りました。


当日、受付でチケットの種類がいくつかあることを知りました。敷地が広大で見所が多すぎるようです。時間の都合で、レジデンツ博物館のみ見学するチケットを購入。


カバンをクロークに預け、順路に従って進んだら、すぐにレジデンツ博物館のもっとも有名な見所「アンティクヴァリウム」に到着!

おぉぉおお!!!

事前にウェブで見た場所でしたが、実物はとても広くて美しい!!奥行き69メートルのホールにほ、美しいフレスコ画と彫刻がびっしり!



本当に美しい!!反対側からもじ〜っくりと!
隙間があるなら天使描いとこ!ってくらい、たくさんの天使も描かれています。

天井には額を装ったフレスコ画が並びます。

これらは、中でも気に入った絵♪

「ここ来てよかった!U子、ナイス!」そう思いました。笑


順路に従って、静かな広い階段を上がります。踊り場には石膏像。

マックスヨーゼフさんなのかな?笑


振り返ってみたら、窓からの陽射しと天井の装飾が美しく見えました。


上階は、奥までずーっと居室が続きます。


とにかく数が多くてどのお部屋も豪華。

天使、動物、植物、お舟、天井もいろんなモチーフの金の細工で装飾されています。


ここにも天使が施されたかわいらしいシャンデリア。


緑の広間。


外観の地味さからは想像もつかない内部の豪華さです。


こちらは王の寝室。

この時、ほかのお部屋と比べると地味に感じましたが、改めて見ると全然地味じゃないですね、ちゃんと眠れてたのかなぁ。。w



少し小さめのお部屋には、金ピカ食器棚が並びます。


どうもあたし、天使が好きみたい。いちいち天使の絵や装飾に目がいきます。



順路の最後、先祖画ギャラリーに到着。

バイエルン王国を統治したヴィッテルスバッハ一族の、121枚の肖像画がならびます。

ようやく金色装飾に目に慣れたところで、出口となりました!w


ミュンヘン・レジデンツは、シンプルな外観からはまったく想像もつかない絢爛豪華さで、圧巻!!!天使てんこ盛りでした!!!


感想まとめ

❶ミュンヘンに行かれたらぜひご覧いただいきたい!
❷またいつか、もっとじっくり観に行きたい!なんなら絵や細工の天使が館内に全部で何体いるのか、数え切りたい!笑
❸アジアからの観光客のみなさん、博物館内で自撮りに夢中になるのは、恥ずかしいので控えめにしようね♪


この後、博物館を後にして、ミュンヘンの街並みをお散歩しました。それはまた、次回♪

Sponsored Link